イタリアの料理雑誌を日本語で読む
gelati.jpg『ジェラーティ』 gelati
出版社:Guido Tommasi editore
2018年版、19.5×24.5p、223ページ
価格¥8,600(税込・送料込) 在庫あり
子供の頃からジェラートに情熱を抱いていたフードライターが、
理想のジェラートに出会い、そのジェラートを自分でも再現するためにリチェッタを本にした。
あの味を家庭で自分も作りたい、その一心がジェラテリアの店主も動かした。
その店は、ガンベロ・ロッソの格付け本で最高のトレ・コーニを獲得し、
外食情報サイトDissaporeで2016年のイタリアン・ジェラテリア部門で1位になった
レッジョ・エミリアのクレメリア・カポリネア。
ジェラートを作るのは髭面でだるまのような外見のシモーネ・デ・フェオ。
母親の美味しいおやつを自分で作ろうと思い立ったのはわずか6歳の頃。
コンロとテレビの間で午後を過ごすグルメで行動力のある少年は、
ジェラートの正しい作り方など全く知らないのに、
失敗を繰り返しながらとうとうジェラート作りに成功する。
道具よりも重要なのは味だ、と幼くして悟った彼のジェラートは、
伝統に忠実でクリエイティブな感性が常にベースにある。
写真たっぷりで盛り付けもスタイリッシュなこの本のジェラートはどれも美味しそう。

注文する→「ご購入方法」へ進みます


ブログ『イタリア料理ほんやく三昧』に、一部のリチェッタと解説の日本語訳を載せています。
『注目のジェラートの本』

『“ジェラーティ”からクレメリア・カポリネアのリチェッタ』